ランディングページ制作

「興味を持ち→欲しくなり→申し込む」を一枚のページで表現します。

ランディングページ制作

集客のセオリーは「顧客の心理」を知ること


ホームページが商品やサービスを閲覧者に分かりやすく伝える媒体であるのに対し、ランディングページ(セールスコピーともいいます)は実際の成果(売り上げや集客)につなげるより動的で広告的なマーケティングメディアです。
閲覧者に理解と共感を得て、目的である参加や申し込みを促がすためには、彼らの気持ちを突き動かす要素を盛り込む必要があります。
例えば、オープニングにおいては感性に訴える「ヘッドコピー(キャッチコピー)」と、その内容を反映させたビジュアルを一目で分かりやすく提示する必要があります。また実績や資格、権威者からの紹介の言葉など「権威付け」という手法も重要です。
次に「ボディーコピー」では「欲しい」という欲求を引き出すために、商品やサービスなどがもたらす「素晴らしい未来」を見込み客の感性に訴えるとともに、根拠となる理由を説明し理性にも訴え掛けます。
そして閲覧者を離脱させることなく最後のクロージングに導くのです。

置いただけのホームページからアクティブな集客ツールへ


これらは「WEB集客手法」ともいわれるもので、商品やサービスを初めて知る段階から、興味を持ち→欲しくなり→申し込みを獲得するまでのマーケティングプロセスです。これらの段階を「文章力」と「デザイン力」を駆使して一枚のページで表現します。
ホームページはあるけれども、なかなか集客につながっていなかった方には、ランディングページとセットでのWEB公開をお勧めします。

お問い合わせフォーム